悩みの種であるニキビ跡

私は学生のころから少しずつ肌が荒れていき、社会人になると顔が真っ赤になるほどのニキビに悩まされるようになりました。
ニキビを治そうとサプリや化粧水、パックなどいろんなものを試しましたが、そのほとんどは一瞬だけ効果がでてすぐ元の赤いニキビ顔に戻りました。
このままでは一生ニキビのある赤い顔になってしまうのかと絶望していたところ、Youtubeの動画で、肌の大敵は乾燥だということを知りました。

ヴィオテラスCセラム

それまでは化粧水は塗るものの保湿というものをあまり意識しておらず、塗って放置し、結局乾燥させていました。
その動画では、高い化粧品など必要なく、洗顔をした後濡れた顔にワセリンを塗って蓋をし、水が逃げないようにすれば乾燥せず保湿されると知りました。
半信半疑でしたが実践してみたところだんだんとニキビも減っていきました。

また、その動画ではほかにビタミンAを導入するレチノールという塗薬がニキビを減らし、赤みを抑えてくれると紹介していました。そのレチノールも早速ネットで注文し、毎日塗り続けたところ、あれだけ酷かったニキビがなくなり、赤みもほとんど気にならなくなりました。
正直何度も心が折れかけ、この動画の方法でダメだったらあきらめようとも思っていたので、本当に救われましたし、何よりも正しい方法でスキンケアをすれば肌はきれいになれるのだと感動しました。

今回の方法は私にはあっていましたが、ほかの人にあっているかどうかはわかりません。しかし、何事も試してみないと始まらないと思います。
自分に合っていないと思えばすぐにやめてもいいと思います。きっと探し続ければ自分に合ったスキンケアが見るかるはずです。
今回の経験から、あきらめずに継続することは大事なのだと実感することができました。