30代後半にできるようになった顎ニキビの悩み

30代後半になったのですが、顎にニキビができるのが大きな悩みです。皮膚科に行って、ニキビ用ローションを処方してもらったり、甘いお菓子を控えるようにしたり、漢方薬を処方してもらって飲んでも、あごにニキビができます。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

決まってできるニキビは、顔の左右セットでだいたい同じ位置にできて、大きく腫れます。触らないようにしているのですが、なかなか治らず一か月くらいは腫れています。

知らないうちにニキビに手を強くぶつけてしまうと、痛みもでてきて、さらに大きく腫れます。なかなか治らないので、ニキビの傷口から悪い膿や血を出そうと思って、いけないとはわかりながらぎゅっとニキビをつぶしてしまいます。

つぶした後は、全体的に青くなり、赤いかさぶたができ、赤みがなかなかひきません。痕になってしまって、うっすらと一年以上は痕が残る場合があります。若いときは、おでこにできやすく、20代になると頬にできました。やっとニキビに悩まない年齢になってきたかな・・と喜んでいたのですが、今度は顎にできるようになって、がっかりしてしまいます。

今は、食事でバランスよく野菜、お肉などを取り、甘いスイーツを控えるようにして、睡眠をしっかりとるようにして、少しでもニキビができないように対策をしています。