過度な食事制限は厳しい

体重を気にしだしたのは、中学一年生くらいからでそれから毎日のように自分の体重を気にしてしまいます。痩せたいと願い続けてはや8年。

多少体重が減ったことはありますが、毎回大きな減量に成功したことはなく、平均して1キロ程度の減量しかできていません。もちろん8年間とはいっても、中学の時は運動部で毎日体を動かしていたのため特に気にはなりませんでしたが、部活動を引退すると同時に食べたいものはを食べまくって、一切運動しない生活が始まりました。

快糖茶を飲んだ効用

それから体重はみるみる増加していき、痩せたいと思いつつも、毎回食欲に負けてしまい、ダイエットには失敗するばかり。例えば、高校の文化祭時には絶対に痩せようと決意しましたが、理想の体重にはなれませんでした。また、先伸ばしをする癖があり、いつもギリギリになって焦って食事制限をしますが、そううまく減量できるはずもなく、せいぜい一キロ程度の減量になってしまいます。

「食べなければ痩せる。」と言われていますが、実際厳しいです。食べないことによって、健康面に悪影響が出てきます。例えば、栄養不足で体が重くなったり、糖分を摂取しないからか、頭が働かず常にぼーっとしたり…一概に食事制限と言っても、敵は食欲だけではなく、健康面にも潜んでいます。

私は食欲よりも、体のダルさに負けて、いや、もしくはそれを理由に暴飲暴食に走ってしまいました。。。そしてこの結果に懲りずに「この大切な日のために痩せよう!」と決意するものの、当日の3日前くらいから過度な食事制限を試みて、失敗に終わってきました。もちろん過度な食事制限によって短い期間でダイエットに成功する人もいますが、その方法によって全員痩せることができる保証なんてありません。

これからは、自分にあったダイエット方法を試みようと思います。今行っているものは、「朝と昼はしっかり食べて、夜ご飯は抜く。」という方法です。うまくいくかは分かりませんが、精一杯頑張って、自分にあったダイエット方法を見つけたいですね。