豊満さを恨んだ自分を恨みたい

思春期。バストが目立つようになっても私は母の方針でブラジャーを買ってもらえませんでした。
体全体的にボリュームもありましたが、特にバストは豊満。
目立つのが恥ずかしくて、いつも猫背気味に歩いていました。

本音口コミ!TrueUP(トゥルーアップ)の効果と市販での取り扱いは?

胸が大きいなんていやらしい。母に罵られたことをよく覚えています。
大きな胸は大嫌いで、晒しを巻いてみたりしたことも。
そんな私も妊娠、出産。元々大きなバストは授乳期はさらに肥大化。

でも、初めて大きなバストで母乳もよく出るしいい仕事するなと好きになれたのも束の間。
授乳が終わると萎れたなすびの様にくったり横たわるバスト。
力尽きましたと言わんばかりの様子に、最初は面白がっていました。
ところが、授乳期も後半に入ると、バスとそのものの張りが明らかに減少していることに気づきました。
母乳満タンになってもなんだか小さくなった様な。

授乳後の様は、大衆浴場でお見かけするお婆さま方のそれの様。
まさか、私まだそんな歳じゃないよ。気持ちは焦ります。
バストを大きくするマッサージ本を買って実行しようとするも、赤ちゃんのお世話ですっかり忘れ、やっと時間を確保できても面倒でやらず。
そなこんなしているうちに卒乳。残ったのは、しょんぼりバスト。

母乳とともにバストの脂肪分も排斥されてしまったのか?
まさかそんな。でも、鏡に映る別人の様なしょぼくれたバスト。どうもトップの位置も下がっているんじゃ?
次の瞬間、某ECサイトで育乳ブラポチっていました。
育乳ブラのお世話になる日がまさかくるとは、人生は分からないものですね。
背中から肉という肉をこそげとり、お腹のお肉も可能な限り引き上げて、余すところなく育乳ブラに詰め込む毎日。
これが実に良い仕事をしてくれます。

育乳ブラ効果で、背中やお腹のお肉も自分はバストのお肉だったと気づいてくれたらいいのですが。
次はナイトブラに手を出してみようかと検討中です。
無くしてわかるバストのありがたみ。
ブラを外したら別人ボディで、今日も生きています。
でも明日の朝起きたら、あの頃みたいな豊満バストに戻っていたらいいな、なんて。時折思ったりします。