いくつからでも綺麗になりたい

私は50代後半、私たちの若い頃は、男性は髭づらでむさ苦しく男臭いって感じで肌が綺麗と感じる人は少なかったです。お手入れをしている感じがなかったです。だから、男の人よりは綺麗って言うのがありました。しかし、今時は女性はもちろんのこと、男性化粧品もあるように、こざっぱりとお肌も綺麗な人増えました。美意識は格段に向上していると思います。コンプレックスが助長されます。ふう。

シルクリスタの効果

元々、ニキビはできるし肌が薄くて丈夫ではありません。この年齢になると、もう何重苦?数え出したらキリがありません。特に気になるのは額と眉間のシワ、ほうれい線、毛穴、くすみ、いや、いっぱい笑。ほうれい線なんて言葉知らなかったのに、誰がつけたんでしょう。知れば気になります。寝た子を起こさないで欲しかったです。シワにはポーラさんのリンクルショットをつけていいことにしています。ターンオーバーも遅いのできっと忘れた頃に、あら、なくなってる?と思うはずと期待を込めて笑。

毛穴は気になり始めたのは中学生の頃、最初は指で押し出し、今では厳禁と周知されている鼻剥がしパック、洗えばいいのかとやたらと洗顔したり。ダメのオンパレードでした。一旦広がった毛穴は小さくするのは難しいと聞きます。あの頃、今のように知識があればなと残念に思います。女性は幾つになっても綺麗って大切。画期的な商品を開発してほしいものです。