主人と結婚するまでの楽しかった思い出

私は主人とは30代に入ったころに結婚をしました。
それまでは恋愛の「れ」の字もなく永遠に独身を貫くだろうなと思っていました。
主人と出会ってからはまさか結婚をするなんて夢をみているのではないかと何度も思いました。

【公務員婚活110番】真剣な出会いを探して結婚したい女性は必見!

お互い仕事を持っていましたので、休日にいろんなところに行きました。
二人とも田舎に住んでいましたので、行くところは限られていました。
カラオケに行ったり、食事に行ったり。一番楽しかったのはゲームセンターに行ったことでしょうか。

私はゲームセンターに行くのは、はじめてだったので無我夢中だったのを覚えています。主人は嬉しそうに遊んでいました。
カラオケでは主人はアニメソングを中心に私は福山雅治や中森明菜など80年代から90年代にヒットした歌を中心に歌いそれなりに盛り上がりました。
食事に関してなのですが主人は好き嫌いがあったので決まって食べるのはラーメンかカレーライスなど子供が食べるメニューばかりでした。
会えない日は携帯電話で話をしたりしていました。

30代はまだ若かったのでいろんなところにドライブに行ったりしてとても楽しかったです。
ドライブで一番遠いところに行ったのは京都の天橋立まで行ったことです。
あとは姫路城の天守閣まで上がったことです。
姫路城は平成の大修理も終えてきれいになり、良いお天気でドライブ日和だったことを覚えています。
またいつか二人で、行ってみたいなと思いました。

主人と出会っていろんなことがありましたが、これからも70、80歳になっても仲良くして行きたいと思っています。

カテゴリー: 婚活