子供の頃の運動が将来の自分を作る

昭和の時代、子供は風の子とばかりに、健康体であれば、春夏秋冬、野山を駆け回り外で遊ぶことが当たり前でした。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素を飲んだ口コミを暴露!3ヶ月間の効果を徹底レポート!

平成に入り、社会全体のIT化が進み、子供の世界も例外ではなく、コンピューターゲームをしたり、動画を見たりとインターネットを利用した遊び方が一般化しています。

公園にある遊具でさえ危険性を指摘され撤去される時代です。

現代社会において、子供が外で体を動かして遊ぶ事は、難しくなってきていることも事実です。

しかし、子供が心身ともに健康であるためにも、運動は推奨されるべきでしょう。

成長過程の子供にとって、健康な体作りに必要な要素は、バランスの取れた食事と共に行う適度な運動です。

この運動によって、上部な骨や滑らかで柔軟性のある筋肉、強い血管ができあがります。

人は、丈夫な肉体を作る事で、体力がつき、健康な生活を維持できるようになります。

「健康な精神は健康な肉体に宿る」と言う言葉があります。

酸素を体に沢山取り入れる事の出来る運動は、脳や精神面にも良い影響を及ぼします。

また、精神的にも未熟な子供は、運動を通して、メンタルも鍛えられます。

部活動や、習い事などで運動をする場合、目標に向かって努力する事になります。頑張って練習に励む事で、しっかりと結果に結び付ける事ができたなら、努力する事の大切さも知ることができるでしょう。

また飽食の日本において、肥満傾向な子供も増えています。食べ物とともに運動不足が影響していることも否めません。子供の生活習慣病などという話も聞きます。

これらは、食事の量やバランスを考えると共に、適度な運動を意識することも大切です。

現代の子供はタブレットやテレビ、コンピューターゲーム、動画鑑賞など、体を動かすことなくじっとして遊ぶ事が多くなりがちです。

サッカーや野球などのクラブチームに入ることも良いでしょうし、ダンス教室や水泳教室なども、楽しく体を動かす事ができます。

子供は、夢中になる事さえ見つけられれば自分から進んで取り組みます。

子供の頃の習慣は、成長してからも確実に肉体や精神へ影響を与えます。

現代社会においては、子供が野山を駆け回って遊べる環境を持たない地域がほとんどでしょう。

遊びと言えば、体を動かす事が当たり前であった時代でなくなった今、大人が意識して、子供の運動する環境を考えてあげる事も必要かもしれません。